2006年02月15日

航空無線通信士

航空機の安全飛行と安全着陸のためには不可欠な、
機上と管制塔の交信。
その交信の資格を与えられているのが、航空無線通信士。
航空運送事業用の航空機のパイロットや航空通信管制官は
必ずこの資格を持っている。

航空無線通信士
posted by 資格免許ガイド at 19:07| 東京 🌁 | TrackBack(5) | IT・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海上無線通信士

平成3年、新しい海上遭難安全システムに対応して誕生した資格。
漁船、船舶の安全な航海のための無線通信士で、
4ランクに分けられている。

海上無線通信士
posted by 資格免許ガイド at 19:06| 東京 🌁 | TrackBack(0) | IT・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸上無線技術士

放送局やその中継所で無線設備の操作、維持管理をする仕事。
主にテレビ、ラジオ、通信、電話などの通信技術を支える
陸上無線技術のエキスパート。

陸上無線技術士
posted by 資格免許ガイド at 19:05| 東京 🌁 | TrackBack(0) | IT・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛隊生徒

陸・海・空、それぞれ4年間の教育を受け、3年次教育修了時には、
高校の卒業資格が取得できる。
また、防衛大学校の受験資格も取得できるので、努力次第で
幹部への道も開かれている。
自衛隊生徒
posted by 資格免許ガイド at 10:46| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛官2等陸・海・空士

男子と女子の試験があり、試験に合格すると、
陸・海・空、それぞれ決められた教育訓練を受ける。
年齢制限は幅広く、18歳以上27歳未満の男女と定められている。
自衛官2等陸・海・空士
posted by 資格免許ガイド at 10:45| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。